■コーヒー豆につい

コーヒーは北回帰線と南回帰線の間、およそ70で国を生産されます(コーヒー・ベルト)。
そして、コーヒーノキの栽培と果物の収穫はコーヒー園で行われます。
さらにまた、連続的に、まっすぐな豆(生豆は来て、豆(生コーヒー豆)です)を拾っているコーヒー豆の改善と呼ばれている処理作業は、コーヒー園でしばしば実行されます。
浄化されたまっすぐな豆は生産国で蓄えられて、後に消費者に輸出されます。
そして、同行されます。
そして、完了したソート(クラス)はそうでした。
まっすぐな豆は、焼き尽くすほどの場所のコーヒーへの特権と場合によっては複数の焼いた豆に調合する味をもたらすために焼かれて、混合されます。
それは水で抽出されます。
そして、それの後のお湯は群衆によって小さな粉の形になりました。
そして、飲酒に対して提供されるコーヒーはその後完成されます。
150億本のコーヒーノキが1000万ヘクタールの土地で世界中でそれを栽培するとざっと見積もられます。
本部と南アメリカのような主なまっすぐな生産センター・アフリカ諸国とベトナム(例えばブラジルまたはコロンビア、東南Asias(例えばインドネシア)、エチオピアとタンザニア、ケニヤ)。
再び有名なブランド・ハワイの生産中心として、イエメン。
それは、インドまたは中国で生み出されます。
それは日本に小笠原諸島と沖縄諸島に入れられたが、大規模な生産に成功しません。
しかし、九州と沖縄の個人のスケール農場でそれを耕作している人が、います。
近年は、高品質のアラビカ・クラスの耕作が人気が出る国です。
これまでロブ・スタジオ・クラスの耕作が主流(ザンビアまたはマラウイ)で、「国連グルメのコーヒー開発プロジェクト」を一部国連リーダーシップ(ブルンジ、ウガンダ)でつなぐタンザニアの近隣のローカル・アフリカ諸国で輸出。
これらのアフリカ諸国のコーヒーは、また、最後に日本で循環し始めます。

エスプレッソとは