■コーヒーの成

今回はコーヒーに含まれている成分について紹介しようと思います。
ポリフェノールであるクロロゲン酸であるカフェイン(豆重量のおよそ1%)と鳥はコーヒーを中で含みました 。
アルカロイドが不平を言い続ける。
そして、特徴的成分がリンであるカフェ露店とカーウェオールを含んで、ジテルペンは多くの砂糖、アミノ酸とタンパク質(脂質)の上で主に糖類以外のコーヒーのまっすぐな豆に含まれます。
これらの成分は焼かれることによって化学変化を引き起こします。
そして、その結果、数百種類に達している成分は焼いた豆に含まれます。
最初は、まっすぐな豆の水は焼くことの初期に蒸発します。
そして、一連の焙焦反応と呼ばれている反応はその後起きます。
多くの砂糖とタンパク質は、このプロセスに暖房のために理解されて、各々低分子糖類とアミノ酸を生産して、味覚といろいろなコーヒーの香りをもたらします。
クロロゲン酸がこれらの分子で熱されるので、茶色の顔料は起こって、コーヒーのおよそ1色を持ってきます。
そのうえ、キャラメルと糖類と糖類のためにだけ暖房のため、起こるアミノ酸とのマイヤール反応は、顔料の生成に参加します。
これらの顔料は、コーヒー・メラノイジンで一般に名をつけられます。

コーヒーフィルタコーヒーとは